コラム|桶川市下日出谷の日出谷歯科医院

時間
9:00~12:30 / / /
14:30~18:30 / / /

土曜午後14:30~16:30まで  祝日のある週は診療

休診日:木曜・日曜・祝日

048-786-4118
各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー
むし歯の治療方法について

皆さんこんにちは。

日出谷歯科医院です。

 

歯が痛い」「冷たいものがしみる」といった症状が認められる場合は、むし歯が疑われます。

 

できるだけ早期に歯医者さんを受診しましょう。

 

むし歯というのは、自然に治らない病気なので、必ず歯科での治療を受ける必要があります。

 

そこで気になるのがむし歯の治療方法ですよね。

 

むし歯の進行度によって変わる

むし歯の治療方法というのは、「歯を削る」というものだけではありません。

 

むし歯の進行度によっても変わってきますので、まずはしっかりとした診断を受けることが大切です。

 

例えば、発生して間もないむし歯なら、歯を削らずに治すことができます。

 

専門的には「初期うしょく」と呼ばれるもので、歯質の内部でちょっとした脱灰(だっかい)が起こっているだけなので、フッ素塗布で対応することとなります。

 

軽度のむし歯は削って詰める

比較的軽度のむし歯は、むし歯菌に侵された歯質をハンドピースで削って、コンポジットレジンを詰めます。

 

むし歯の感染がエナメル質だけにとどまっていれば、局所麻酔を使う必要もありません。

 

ご来院いただいたその日に治療が完結することも珍しくありませんよ。

 

重度のむし歯は神経や根っこの治療が必要

中等度から重度のむし歯になると、単に削って詰める、という治療方法では対応できなくなります。

 

むし歯菌に侵された歯の神経を抜いたり、歯の根っこの治療を時間をかけて行ったりすることとなります。

 

末期の状態まで進行すると、抜歯が適応されることもあります。

 

まとめ

このように、ひとことで「むし歯治療」といっても、その方法はさまざまです。

 

むし歯を発見する時期や治療を開始する時期が早ければ早いほど、治療も楽になるのは間違いありません。

 

ですから、当院ではむし歯の早期発見・早期治療を可能にするために、定期検診を受診することを患者さまにおすすめしております。

 

また、何らかの異常が認められたら、すぐにご連絡いただけるようお願いしております。